梨のやまやす

高知市針木で梨を栽培しています。 『梨のやまやすの梨はおいしいねぇ。』って、言っていただきたくて。 梨づくりは生き甲斐です。

昨日から雨が降り続いています。
四国の梅雨入りが宣言されたようです。

晴れた日は、梨の袋かけ作業です。
kyo
一個一個丁寧に、市販の袋をかけていきます。
私は梨の木の品種や樹勢を見定めて、実の最終個数を決めています。
欲を出さず、毎年おいしい梨が育つように。


ときには厄介な虫と出会うこともあります。
kyo2
ゴマダラカミキリです。

今日は雨がよう降りよります。
明日からの仕事の準備、掃除が出来て有り難いのですが。


梨の袋かけを始めています。
まずは「あきづき梨」です。
kyo
お手伝いさんにも来てもらっています。


先日、梨畑で草を刈っていました。

ふと、何かが動いたようで、確認すると、

おっきな虫がいました。

今まで見たことのない虫で、とてもびっくりしました。
kyo


調べてみたら『シロスジカミキリ』だそうで。
県によっては絶滅危惧種とも書かれていました。


どうやら今年はカメムシの発生が早いようです。
我が家でも見かけましたし、そんな話もよく聞きます。


カメムシだけでなく、アブラムシや黒星病など。
しっかりと防いでいかないと品質のいい梨はできません。
kyo
昨日は消毒をしました。
ピシャリと効くように、今どんな虫がいて、病気があってとタイミングを考えながら防除しています。

今日は一日雨が降っています。
久しぶりに車庫で車にワックスをかけました。



最近は『かおり梨』の摘果をしています。
とにかく着果が良く、たくさんなっています。
おかげで時間はかかるのですが、選抜でき、いい実を残せます。
kyo
ツバメの赤ちゃんが餌をもらおうと口を開けているようですね。

↑このページのトップヘ