梨のやまやす

高知市針木で梨を栽培しています。 『梨のやまやすの梨はおいしいねぇ。』って、言っていただきたくて。 梨づくりは生き甲斐です。

2016年12月

日中はまだまだ暖かい高知市針木。

明日から雨だとか。

何とか今日で肥料入れを終わらせたい。

夜明けとともに梨畑に。
ソックス二重にしてよかった。

肥料を撒いて、耕します。
イメージ 1

午後4時前に雨が降り出す!

残念、今日はここまで。

今日は乾燥した北風で肌がぴりぴりします。


家族総出で肥料を入れています。
イメージ 1
梨の葉を掘った溝に入れ、土をかぶせていきます。
『膝が痛い』と言いながらも、家でじっとしてはいられない我が家のばあ様。
鍬を使わせば我が家一。


近くでカラスが見ています。

人がいなくなるとすぐに来ます。
音を立てずにやってきます。

なので、畑にテグスを張りました。


高知市を流れる鏡川の上流手前。
行川というところでハウスの解体をしました。
イメージ 1
青壮年部の事業です。

今日は3日目。
20人がかりでの作業。
部品によっては二人がかりで運びます。
柱は特に重い。
そこは屈強の青壮年部。

・・・私は腰を痛めそうでした。


夕方までに何とか仕上がりました。



朝は寒く、着込んでたのですが、日中はとても暖かく汗をかきました。

さあ、梨畑に肥料を投入します。

今年も昨年並みの肥料量。
味を落としたくないですから。

魚粉主体ですので、においが…。
マスクをして、ナイロンヤッケを着ていたのですが、なんだか体が魚粉臭い。
自走式肥料撒き機は大活躍。
一度に200キロの肥料を運び、撒くことができます。
イメージ 1
油断すると肥料が出すぎて足りなくなることもあります。

12月1日

高知市基幹営農者会議では、年に一度会員宅訪問があります。
今年は高知市福井。
3人の会員宅を訪問しました。

ハーブで生計を立てているそうです。初めて見る植物にびっくり。
イメージ 1
いろんな花を栽培していました。出荷最盛期のパンジーやお正月飾りなど。
イメージ 2
大きなハウスです。私だったら間違いなく梨畑にするな。
イメージ 3

梨では関係ないのですが、勉強になることがいくつもありました。

↑このページのトップヘ