梨のやまやす

高知市針木で梨を栽培しています。 『梨のやまやすの梨はおいしいねぇ。』って、言っていただきたくて。 梨づくりは生き甲斐です。

2017年05月

初夏のような天気でした。
時折吹く風がとても心地よかったです。

梨の葉もだいぶ大きくなり、日差しを遮断してくれるので、梨畑での作業はだいぶ楽です。

あきづき梨の袋かけの準備をしています。
イメージ 1
最終ならす果実を残し、あとは切り捨てます。
綿を巻いて袋かけを待ちます。

17年くらい前に植えたキウイの木。
梨畑のなかにあります。

今年もたくさん花が咲きそうです。
蕾も大きくなってきました。

そんな中、咲き始めた花。
イメージ 1
交配は虫たちに任せています。

今日もかおり梨の摘果をしています。

梨園の周りは草だらけです。

その草の中に野いちごもあります。
イメージ 1
野いちごをつまみながら仕事をしています。

かおり梨の摘果をしています。

昨年の10月末に接いだかおり梨です。
花芽が二つ付いた枝を新高梨の木に接いでいました。
イメージ 1
必死で毎日接ぎ木をしていました。
やっただけのことはありました。


2年後にはこれだけ実止まりある枝になるでしょう。
イメージ 2

早生梨の摘果にてこずっております。


我が家の精鋭部隊が新高梨の摘果を始めてくれています。
イメージ 1
今年は実止まり悪いのですが、それでもしばらく時間がかかりそうです。

傾斜地の我が家の梨園。
背伸びしたり、腰をかがめたりの作業が続きます。
がんばれ!

↑このページのトップヘ