2018年01月

久しぶりに高知にも強い寒波がやってきました。
今朝は家の外にある蛇口から氷が飛び出していました。
イメージ 1

昨日は強風の中剪定をしていましたが、今日は風はなし。
でも寒い。
イメージ 2
今年は花芽のつきが良く、ついつい果枝を入れてしまう。
今年は豊作か?

我が家が梨を栽培し始めたころからあった新高梨の木。
また一本減りました。

4年前に植えた苗も大きくなってきて、隣の15年くらいの木からも果枝がたくさん出てきたので、樹勢の弱ってきたこの木を伐りました。
イメージ 2
私たちがご飯を食べられたのもこの木のおかげ。
ありがとうございました。



主枝の断面です。
イメージ 1
大きな幹を切った跡がありました。
表面はふさがっていたのでわからなかったのですが、かなりの枯れ込みがみられます。
大きな切り口をつくったらいけないとはこのことですね。
いくら巻き込んでも胴枯れの原因となるようです。

昨日は3月を思わせる暖かさでした。

朝は着込んで行っていたのですが、徐々に暖かくなり。

一枚、もう一枚脱ぎと春先のような格好になっていました。
イメージ 1
体も動きやすく、仕事もはかどりました。

剪定作業は昨年よりやや遅れ気味。
何とかしたいのですが、今日は久しぶりの雨。
焦っても仕方ないので道具の手入れ、仕事の準備をします。

こんばんは。
寒い日が続きますね。
高知でも雪が降ったんですね。
梨畑横の影地に解けずに残っていました。

昨夜、東京から帰ってきました。
今回も飛行機は30分遅れ。
最終便はいつもそう。
待ち疲れます。

子供が東京での生活となってから、年に数回訪れています。

東京は、いつ来ても人が多いです。
東京は、電車が数分おきに来てくれるのはありがたい。
東京は、思った以上に歩かないといけない。(歩数計を見ると一日に10000歩くらい。高知で普段の生活の倍。)

梨農家Hさんは東京都稲城市で梨を栽培されています。
梨畑のすぐ隣には家があります。
近所付き合いも大切ですね。
イメージ 1
市街地での栽培、販売。

高知ほどお客さん探して走り回らずともいいのかな。


栽培方法は、高知より北にあり、土壌も違うので同じとはいきませんが、剪定、販売等苦労している共通点が多々ありました。

私の知らなかった技術や情報をたくさん頂け、感謝しています。

これからいくつか試してみたいと思います。
お忙しいところ、ありがとうございました。

ここの梨畑は午前10時ごろまで太陽が当たりません。

今朝も寒かった。


棚を直してなくて、70センチ間隔くらいでパイプが入っているものだから、剪定がしにくい。
イメージ 2
添え竹を当てないといけないので、やたらと時間もかかります。



夕方、暗くなると仕事内容変更。
イメージ 1
梨の木の荒皮を削ります。
虫の隠れるところを減らしています。

↑このページのトップヘ