2018年07月

珍しい台風ですね。

東から来るなんて。

ちょうどのところに寒冷渦が来たもんです。

昨日から時々雨が降っています。
おかげで灌水をしなくてすみます。

枝の誘引をする時間をができました。
イメージ 1
果枝の先端の枝なども括りました。
台風の風で枝が揺れ、果実が落とされないように。


高温対策として、チタン加工した3重袋を使用しています。
今年は、西日本製袋様からチタン加工した2重袋のサンプルをいただきました。
イメージ 1
我が家は家族で袋をかけています。そのため、毎年袋かけが7月半ばまでかかっています。
袋かけの省力化を考え、圃場の一部で2度掛けをしました。
日焼けしそうなところにチタン加工した袋を使用しました。

今年も暑い日が続きます。
昨年の結果を考えると、今年も効果があると思われます。

梅雨明けからず~っと日差し強く、気温高い。

去年も、一昨年もじゃなかった?
毎年異常?

これが当たり前になった?

スプリンクラーで灌水を始めています。
イメージ 1
朝夕の少し気温が下がった時に。

さて、この暑さいつまで続くのか?
今年は長くなりそうだ。

危険な暑さ。

畑での仕事はなるべく朝早くか夕方にしています。
日中は日陰で。
イメージ 1
今日は深井戸用のジェットをばらしました。
近々井戸の掃除をしようと考えています。
その時、ジェットを交換します。

ちびたところはないようです。
掃除をしてパッキンの交換で済みそうです。

梅雨明けと同時に真夏。
ゆっくりと体を慣らす時間がほしい私47歳。

梨の袋かけは終わりました。
本当ならもっと早くできたのですが、土砂崩れのおかげで仕事が増えていました。
イメージ 1
私が何とかできるような被害ではありません。
しかし、溝を潰しているので土を取り除かないと次の雨でさらに被害が出てしまいます。
イメージ 2
3日かけ、小型パワーショベルで道を作り、溝を掘りました。
しかし、また大雨が降れば崖がつぶれるのではと心配しています。

↑このページのトップヘ