梨のやまやす

高知市針木で梨を栽培しています。 『梨のやまやすの梨はおいしいねぇ。』って、言っていただきたくて。 梨づくりは生き甲斐です。

2022年07月

日曜日、お昼休みに帰ってきて着替えていたら、太ももにホコリのようなものがついていたので払ったのですが。
しっかりくっついていて。

『もー!』

と、力を入れてものかない。


よーく見ると

足がある!

『これは多分マダニ!』
すぐにインターネット検索。
皮膚科、外科で診てもらうように。自分では取らないこと。口が残ったりすると。

でも日曜日なのでこれは休日救急?
ダニごときでお医者さんの手間を取らせては悪いし。
かといって体にくっつけたまま一晩過ごすのもねー。

というわけで、自分で取ってみようと。
くっついたばかりだと取れやすいとも書いてあったし。

まずは冷やしてみました。
しばらく保冷剤をくっつけてみました。

が、ゆっくり引っ張ってもだめでした。(寒さには強いのか?)


ならばと、次に暖めてみました。
kyo2さむ
蚊取り線香の火種を近づけると。
バタバタと動き出し、
『お、外れるか?』
と、期待。
しばらくすると動かなくなり…やばい、死んだろうか?

ゆっくり引っ張ってみると、スポン!と、取れました!
kyo4
口も残らずに。
良かった良かったと安堵。

今回はくっついてすぐだったこともあり、無事マダニを取ることが出来ましたが、よいこの皆さんは真似をしないように(笑)





やっと整地、草刈りが終わり、梨園の外周約300mに柵線を張りました。
段々畑なので少々ややこしかったです。
kyo
日の入り前に何とか設置完了し、スイッチオン。

これでイノシシの被害から解放されるでしょう。


蝉の声が一段と大きくなってきました。


日向での仕事はさらに体力が奪われます。



まるでマインクラフトをしているかのよう。
kyo2
木を切って、耕して。
kyo

違うのは時間がかかるのと疲れること。

やっとここまできました。

梅雨が帰ってきたような天気が続いています。
たくさんの水をいただいた梨の木はぐんぐん成長しているようです。

イノシシが今まで来なかった畑にもやってきました。
無防備な梨たちが被害に遭っています。
kyo3
電気柵を設置するため、梨畑の外周の草を刈っています。

ほったらかしにしていたので草も大きく、刈るのが大変。

kyo2

梨の棚にかかっていた草も刈りました。
kyo

これで太陽光も当たるでしょう。

雨も降り、太陽光も浴び、梨だけでなく、草も成長しています。

4月に一度だけ草を刈ったのですが、他の作業に追われほっていました。
イタドリが2メートルほどに成長していて、さらに蔓草が巻き上がり、梨の棚を覆っていました。
kyo2

袋掛け、追肥も終わったので草刈りに専念できます。

しかしこの暑さ。

体力もどんどん削られていきます。


↑このページのトップヘ